シャツの襟に付く加齢臭のような嫌な臭いの解決法

加齢臭が発生する場所は主に首筋か耳の後ろから

Yシャツなどの襟が汚れて黒くなっている主な原因は皮脂が

分泌されそこに外の汚れが付着すことでなってしまいます。

また、脂っぽい臭いや酸っぱいような臭いがするのは

皮脂が酸化する事によって起こります。

臭いの原因を探ろう

首筋や耳の後ろのあたりからオッサンのような臭い(加齢臭)が

する場合は、皮脂が異常分泌していることを疑おう!

これは汗や老廃物などが細菌によって分解され

臭いの元をだしているのです。

それを気づいた時点であなたは1つ原因を探しあてたのですから

後は対策を練るだけです。

加齢臭の対策法とは

頭の頭皮やつむじの周りなど天辺と同じくらい首筋や

耳の後ろからは嫌な加齢臭のような臭いがしてきますので

これらを綺麗に落とすとなると色々なことが考えられます。

手っ取り早くシャンプーを変えてみる

まず簡単に出来るといったら現在使っているシャンプーを

思い切って変えてみてはいかかですか?

実際にシャンプーを変えたら臭いが大分和らいだという

報告もうけてます!しかし、間違っても安価なものは

避けて下さいね!色々な化学薬品が入ってるので注意してください!

おススメシャンプーと言ったらアミノ酸系のシャンプーや

天然成分配合のシャンプーがあるので頭皮を

労わりながら洗って行きましょう!!

脂っこい物を多く食べないようにする

偏った生活のリズムでは身体が本来持つ正確なことを伝えることが

出来なくなってしまっています!

特に冬になると厚着をするので一層加齢臭などが篭ってしまい、

襟や耳の後ろやうなじの辺りに異常分泌された皮脂の汚れが付着して

それが原因の1つになっている可能性があるので普段から

バランスのよい食事をこころがけるようにして行きたいですね。

保湿をしっかりとしよう

頭や身体を洗うことにより必要な皮脂も汚れと一緒に落ちてしまい、

防衛反応としてより多くの皮脂を出してしまうのです!

お風呂から出るとドライヤーで髪の毛を乾かしますが、

その後にはローションやクリームといったもので

しっかりと保湿をしましょう!

それにより頭皮にバリアーを張った状態と同じになり

皮脂を過剰分泌され難くなるはずなのでここは手を抜かずに

やったほうが良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする